9月30日(日)
月末最終日。台風24号の影響がとにかく心配な日曜日。
今月は月初めの1日から荒天に続いて台風が上陸して、ここにきてまた台風で終わるという、
とにかくお天気に振り回されるひと月でした。
清々しい秋晴れの日もあったのですけど、
強烈なお天気の方が印象に残るものですよね。
この後の情報に注視しつつ、私達はそれでもやることが一杯あるので
ただ怯えてじっとしているわけには参りません。
主人は今日ラプソディコースの除草作業に出向いております。
私は山の人間としての生業をこなしながら、建屋の周りに飛ばされそうなものはないかパトロールして。。
どうか皆様もご無事で!!
それにしても、嵐の前の・・なのか?正午現在
風もなく曇り空。異常なまでに静かな内尾でございます。
明日からはや10月。山の実りもこれからが本番です。
名残の季節は穏やかな空模様が続くことをお願いしたいですね。

9月17日(月)
シルバーウィーク・・
私の周り、シルバーか半グレ(?)か・・そんな人ばかりです。
しかも超!お元気。
敬老といっても、老人のボーダーは時代と共にどんどん引き上げられて今や、75歳でも現役という方がごく普通。
喜兵衛のばあちゃんだって、今月もう83歳の誕生日を迎えてなお
本当に元気いっぱい!
これは、喜ばしいことなのですよね。
耳も遠いし、話すことも、かなりとんちんかん。でも
元気の秘訣はとにかくよく食べる、よく歩く、よく喋る…ですね。
そして何より、好奇心旺盛で負けず嫌い。
どんなことにも、結果が不服だった場合、彼女は必ずリベンジをかけます。
私、最近、これを模範にしてリスペクトしなければと本気で考えることがあります。
男は、結婚相手に母親に似た女性を選ぶと言うじゃないですか。
それで夫に
「私、あさちゃん(ばあちゃんの名前あさ子)に、似たタイプかな?
内尾来て25年経ったけど、似てきてる??」
と聞いてみたんですが、これ以上ないってくらい顔をしかめて
「いやいやいや、ぜんぜん!!絶対ないわ!」と答えるのです。
それは、似てなくて嫌なんだろうか、それとも
似てたら認めたくないんだろうか、
どっちなんだろう・・・まあいいか。
話はそれてしまいましたが
息子には絶対、私とは正反対のタイプのお嫁さんが来てほしいと願っております。

9月8日(土)
先週に引き続き今週も、思い知ったことは
自然の猛威に晒されることに私たちは無力であるということでした。
北海道の地震もそうですが、その直前にやってきた台風21号
皆様のおところは大事なかったでしょうか?
前評判からして、史上最強とのことでしたが、
最近は「観測史上最強」「経験したことの無い」という形容に
だんだん慣れてきてしまっている感もありまして、
備えあれば憂いなし・・と顧慮しながらも、どこかで油断していたのでしょうか。
当日の強風。
喜兵衛は立地的に、独立していて風通しがよい分、風には脆弱なのです。
普段から案じてはいたのですが、強風中に更に吹き荒れる一瞬の突風により
建物の屋根・・一部めくれて、隙間に風が入り込み
早急な補修が余儀なくされる事態となりました。
ちょうど今、塗装の塗り替え中だったのですが、
主人の落胆ぶりの方が、見ていて辛いほどで、
事後二日間ほどは、何を話しかけても
「ああ」か「うん」か「おー」しか言いませんでした。
私が「人的被害がなかっただけ良かった、何か飛んでって人や車なんかに当たって傷つけるようなことが無くて」と、なだめても。
妻の言葉は、時に儚いですね。
こういう時って、男性より女性の方が根性座ってるなって思いました。(ウチの場合は・・?かな)

9月1日(土)
今日から9月。
長きにわたって激しい太陽のもと、うだるような暑さの毎日、カラカラに乾いた夏が、とうとう去っていきますね。。
今週は雨に始まり雨に終わる一週間でした。
お盆までは夕立さえ来なかったのに、ここにきてお天気は大荒れ。
本日折しも防災の日。
皆さまご無事でしょうか?
内尾は二晩連続で、狂ったように雷鳴が轟く夜でした。
恐かったです。何が怖いって
雷による「雷サージ」です。
雷が電線や電話回線を通って、電化製品が壊れて使い物にならなくなる事象です。
専用タップをつけたり、コンセントを抜いたり等の対策はしていますが、
今までで記憶しているだけでも、電話機、モデム、ルーター、レジ、テレビ、レコーダー、そして宿泊施設に義務付けられている火災通報装置(数十万する代物)等など、被害総額を計算したらかなりの金額になるのではないでしょうか。
だから雷が鳴り始めてだんだん音が近くなってくると、建物中のコンセントを抜いて回るのですが、
これが結構時間がかかるし、備え付けのものはそれでも不十分です
今回はまだ被害は見つかっていませんが、そのような被害より
これが営業日でなく、お客様がいらっしゃらなかったことが、
何よりの幸いと存じます。

8月15日(水)
長ーいお盆休み、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
お墓参りは行かれましたか?
それとも、私達のようにお仕事していますか?
私は長年、お正月お盆GWと実家に帰って親戚家族揃って・・ということができない職業のおかげか、
お盆は帰省中の内尾の人たちとその親族の方にお会いすることで
遠い昔の子供の頃、両祖父母宅をはしごして親戚や従兄妹たちに会うのがとても楽しかった記憶が甦ります。
今では私の心の故郷までもが、この内尾地区のようなものなので、
特別にお盆は実家に帰りたいという思いはありませんが、
それは両親が健在だからかもしれません。
それよりももっと
高齢化で年々、帰省される内尾出身者が少なくなり
そのことがとても寂しいです。
家を継ぐこと、お墓を守ること、現代は多様化していますが
若いときは意識しなかったその意味も、
自分がそのど真ん中の立ち位置になって来ると、
それが当たり前のようで、当たり前ではない事
大切なのは、今の自分が祖先あって生かされているという事、、
嫌が上にも考えさせられます。
今週末、私たちも遅れてお墓参り。主人と私のの両家合わせて
主に金沢市内で合計8箇所。丁寧にお花を供えて丁寧にお祈り(お参り)を捧げたいと思います。

8月11日(土)
今週半ばから、一か月ぶりの降雨・・といっても
路面が少し濡れる程度の弱い雨が時々降ったりしています。
それでも日が差す時間は暑いことに変わりなく、そのせいでしょうか、
内尾の夏の名物(?)であるオロロ(正式名:イヨシロオビアブというそうです)が大喜びで次々大発生!!
二酸化炭素に集まってくるこのアブは、大群で車や人に群がって襲い掛かって来ます。
私の場合、内尾に25年も暮らしてきて身につけたスキル
群がられても平気になってしまうし、刺されて血が出たところで痒くなることも腫れることもなくなりました。
順応とか免疫って、もしかして凄い能力ですね(*^^)v
大変なのは、外部から来られる方。
お客様はもちろん、清流の日帰り入浴、おぼく水の水汲み
渓流釣りや川遊び・・何の予備知識もなく自然とのふれあいを楽しみに来られた方々が、車に群がる大群にもう大パニックとなって
時々自損事故につながったりする事態も!
もしも車に入って来たときは、慌てずにエアコンを最強にすると、アブは動けなくなりますので、すかさずティッシュなどで駆除。
また停車時のエンジンのかけっぱなしは厳禁です。その状態で窓をあけていると車の中はアブだらけになります。
車への乗降時の鉄則は「乗ってからエンジンをかけること。エンジンを止めてから降りること」です。
ネイティブの人は「オロとカメムシは水のきれいなとこにしかおらん」と胸を張り、なぜか
存在意義をポジティブに受け止めている人が多いですが、
どちらも人にとっては害虫であるのが紛れもない事実。
どうか皆さま、お越しの際はお気を付けください。
平年なら7月末~8月中旬までのはずが、今年は発生期間が長く、7月上旬から発生し今も元気盛り。ピークのお盆を過ぎても若干生き残ってたかってくると思われます。



7月22日(日)
もう何日、雨が降ってないのでしょう。
最後に降ったのはいつだっけな??思い出せないくらい。
今頃使う時候の挨拶、
「酷暑のみぎり」とか、炎暑とか、大暑など・・
そのような暑苦しい言葉をふみにしたためた経験はありませんが、
その表現がとてもマッチする今年の夏。
ここ内尾でも連日30度超えで、
ヒグラシの声や、湧き水の流れる音さえも、
涼を呼び込むには程遠く、気休めにもならないような暑さです。
ただ、私個人は今夏一度もエアコンを使っておりません。
(もちろん、お客様のお部屋は冷房にて涼しくしておりますのでご安心を!)朝晩の水風呂と、休みの日は日中、川へ入りに行くことで凌いでおります。おかげさまで元気です。
だんだん身体が慣れてきて、これが不思議と大丈夫なもので・・
そんな方はいらっしゃらないでしょうが、危険ですのでくれぐれも真似はしないで下さいね。
おそらくあと一か月以上は続くであろうこの猛暑、
みなさまどうかご自愛にてお過ごしください。

7月6日(金)
おはようございます。
梅雨末期の豪雨、皆さまのお住いの地域は御障りありませんでしたでしょうか?
近年は、台風といっても集中豪雨による災害がとても多いことと、
防災の意識が高まってきていることもあり、
雨が続くと鬱陶しさも手伝ってネガティブなことを考えてしまいます。
昨日は白山河内の一日の雨量301ミリという報道のおかげで、いろいろなお方にご心配をおかけしました。
日中の強い降りの最中は、目の前の直海谷川の濁流と轟音に
それこそ穏やかではありませんでしたが、
今朝は水位も普段より少し多い程度にまで下がり、
流れる水の濁りも消えました。
内尾地区は、岩盤の土質であるせいか、
昔から治水の対策が施されているからか、
それとも8キロ下のダム放水のおかげでしょうか
濁流は比較的早めに収まるのですが、この先は下流の本流である手取川とその周辺流域が心配ですね。
各地で今も続く大雨が早く落ち着いてくれることを願います。

7月1日(日)
おはようございます。
暑くなりそうですが清々しく穏やかな空気の朝です。
2018年の下半期の始まりの今日、
このあたりのビッグイベント?では
白山の夏山開き
氷室の日、、各地で様々な恒例行事が行われていますね。
普通なら喜兵衛の日曜日の朝今頃は、お泊りのお客様の朝食準備の最中ですが、今週末は例外。
前々から昨日6月30日は主人が本多の森ホールにどうしても行かなくてはならない用があると言い張り(お気に入りアーティストのライブ)
営業日なのにお休みを頂きました次第です。
それで今朝、お休みが決まった時点で行く計画を
しておりましたしらやまさんの伝統神事
夏越の大祓」に早朝から主人と出かけました。
祭典自体は昨日の夕方だったのですが、境内に設置された
茅の輪という茅でできた大きな輪を、左、右、左と順番通り三回くぐると、身が祓い清められ、今年いっぱい明るく楽しく健康で過ごせるのですって。
今朝のしらやまさんは「おついたち参り」と好天の日曜日も重なってかなりの賑わいでしたが、(実は昨日の朝も行きました)
何か月かぶりの、おついたち参りと、夏越の大祓で
清明な心身にリセットされたような気分です。
7月3日まで、茅の輪は置いてあるそうなので、清らかな皆さまも是非お出かけになられては如何ですか?涼しい早朝がおススメです!

6月1日(金)
おはようございます。
下界の情報では朝7時現在、うす曇りとのことですが
内尾は別世界。
まだ雨がしとしとと残り、カジカガエルの澄んだ声が聞こえます。
今日から6月ということを身体の感覚で感じます。
玄関前の庭に、どこかから飛んできた実生で数年前から花をつけるササユリがもうすぐ開花しそうです。
開花時のみ存在を主張する強い芳香は梅雨入りが近いという山からのメッセージ。
雨もまた一興の趣あり。
季節感とともに山で暮らしていると、
自然の営みに歩調を合わせていると、
力強く生きる力を授かる気がします。
緑が一層濃くなった内尾に遊びに来てください。

5月6日(日)
連休最終日、今日は営業日ではなかったので、
近場の徒歩圏内(と言っても移動だけで往復3時間はかかります)へ、またまたゼンマイ採りへ。
もう在所界隈の谷は、ラストチャンスと思い
朝早くから一人で出かけました。
急峻な崖をよじ登り、私がゼンマイを採っていると、真上にヘリコプターが飛んできて・・ちょっと何!?
四肢を使って岩壁に張り付いている状態なので、簡単には逃げ隠れできない!!
そのうち、私はヘリの飛行高度より高い場所までいきましたが、
上から見られてるかもしれないというのは、なかなか緊張するものですね。
先日も行方不明者の捜索があったのですが
昨日から今日にかけて再び、ヘリコプターが上空を飛び回り
消防レスキュー、警察、役所関係者の方々が内尾近辺を走り回って
ものものしい雰囲気でしたので、
地区の住民みんなが、情報はなくとも
行方不明者の方の捜索が行われてることを経験から理解していました。
13時過ぎ、私が山から帰った直後に
行方不明登山者の方が無事にみつかって
報道各社の方々も詰めてらしたので、
静かな山里が、一時騒然となりました。
15時現在、今はようやく静かな内尾に戻りました。
登山の方が元気だったことが本当に何よりです。
みなさん、私自身は更に特に、山行きはやはり危険と隣り合わせということを忘れてはいけませんね。
何かと、心ざわつく連休の終了と重なりましたが、
明日から日常に戻ります。

5月4日(金)
後半の連休、各地でイベントも開催されていて
にぎわっているようですね。
内尾地区で、毎年5月3日~4日、私たちは店を休んでまで
地味~にマイペースで行っている「ふじ祭り・内尾山菜市」ですが、
今年はメインの吉岡地区のみで、内尾地区での開催はできませんでした。
理由は、内尾奥山の林道の大規模崩落です。昨年8月に降った大雨による土砂崩れによって、民宿3軒と養魚場一軒という少ないメンバーで準備している山菜市の売り物の山菜が、簡単には採りに行けなくなってしまったからです。
先日主人が、いつもなら途中まで車で行ける場所まで徒歩で行ったところ、行くだけで片道2時間を要したそうです。
それぞれのお店で使う程度の量は、徒歩でぎりぎり確保できるのですが、総量数百キロを超えるの山ウドやコゴミなど、人力で2時間持ち帰られるような人手も時間もありません。そして内尾奥山という聖域に山菜採りのために地元の人以外を入れることは好ましくないということは暗黙のルールとなっているため、そこはどうしようもなくて・・
私は、内尾というこの場所が好きで好きでたまらないのに、
手入れをしないと山は荒れていく、人はどんどん減っていく、
保守的なだけでは、いつかは廃村になってしまうかもしれない。
林道が崩れ、山道がなくなり、誰もいなくなって、誰も行かない。。
だからといってSNSで意見を募ったり移住者を募集して解決という安易な問題でもない・・
どこの地方でも、殊に限界集落は同じ悩みを抱えているのでしょうが。
そんなことを憂えると眠れなくなってしまうのでした。

5月1日(月)
風薫る季節となりました。若葉眩い5月の内尾です。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
私事ですが、先週からゼンマイ採りが本格的に始まって
どうにもこうにも身動きがとれない、というよりも
ほぼすべての事を後回しにして、深山の谷に通い詰めております。
内尾の人間として生きている以上は、このゼンマイ採りという年中行事は、春の最も重要な任務と申しても過言ではありません。
だから、どなたさまとのお約束も日程をずらして頂いたり、
どんなに素敵な方からのお誘いでも、まずはゼンマイ最優先!
今年は特に気温が高く、季節の進むスピードが早すぎて、ついて行ききれてないのです。
ただし、残雪が多かったため
山菜料理をご所望のお客様にはお待ちいただいておりました。
ようやく、準備ができましたことお知らせさせて頂きますね。
週末営業ではございますが、
ひと色ではない新緑とともに、皆様のお越しお待ちしております。
喜兵衛は完全予約制です。
ご予約は、ご来店日三日前までにお願いいたします。

4月7日(土)
満開の桜、今年は見られましたか?
数日前、
「今年の桜、満開になっても独特のもこもこ感がナイ!!」と
連れがいうので、
「そうかあ?まだ満開になってないしやろ?」と答えた私。
毎日のように通る天狗橋詰めの桜並木をどれどれと観察しているうちに、確かにもこもこにならず、いつが満開なのか判らないまま
昨日の雨風で儚くも桜吹雪となってしまいました。
家族で毎年兼六園の無料開放に合わせて花見に出かけるのが、
ウチでは恒例行事になっているのに、あれよあれよという間に、
桜の見ごろは終わってしまって、このまま行けずじまいになりそうです。
ただでさえ短い桜の見ごろ、今年は特別に短命でした。
そりゃそうですようね。あれだけ暖かい日が続けば。
ところで、内尾の桜、ようやくツボミにほんのり赤みがさしてきて、
もうすぐ開花を迎えます。
完成された庭園の桜も見応えありますが、山里の川沿いの桜並木もなかなか捨てたものではありませんよ。
お近くまでいらしたら、どうぞ見にいらしてください。

4月1日(日)
春です。
雪解けがかなり進みました。
そのおかげで川の水が増水して、家の中にいても流れの音は聞こえます。
ずーっと続いているぽかぽか陽気、1月から2月に長居された冬将軍のお詫びのしるしなのでしょうかね。
喜兵衛の山んばも活動的になってきましたが、
やっぱりまだ殆どの芽吹きは雪の下。
もう少しです。もう少しで野生児に戻ります。
そのうちしっぽ生えてくるんじゃないかと。

3月22日(木)
内尾が山里の静けさを取り戻して、もう数日経ちました。
朝から強めの雨が降り続いています。
私事ですが・・今日は息子の大学の卒業式。
このまま同じ学部内で院進学することもあり、
「卒業式来なくていいよ」と前々から言われていたのですが、
周りの人が「本当は来てほしいんかもしれんよ」などと言うもので、
そうかツンデレかぁ・・と思い直して、自分の列席用のスーツとコサージュを一応、確認したりしてから
昨夜金沢まで会いに行き、前祝いのつもりで一緒に食事に行って本人に再確認すると
「ホントに来なくていいから!! てか俺友達と居るし相手してやれんわ」と、全くの愛なき対応と返事。
そりゃそうですわね。
もう巣立ったも同然、母は嬉しいのと寂しいのとでしたが、
そんな親心も意に介さず、息子は冷酒をちびちびやりながら
カンパチとクエと~地ダコ・・タッチパネルにだけ集中していました。

3月19日(月)
雨が降って、少し肌寒いです。
昨日までの賑わいが嘘のようなセイモアです。
今日は朝からSAM白山のスタッフの人たちが後片付けに追われて出入りがあるので、外は決して静かではありませんが、
夢のあと、お祭りのあとみたいで、
毎年この日を迎えているのに毎回さみしい空虚感を覚えます。
今シーズンも、皆さまにお越しいただいて、改めて感謝申し上げます。
ありがとうございました。
また、お会いしましょう。

3月18日(日)
とうとう・・
本日、セイモアのシーズン最終日です。
泣いても笑っても・・・!
有終の美を飾るにふさわしくお天気は快晴!
今日はプレミアムファミリーデー
リフト一日券 おとな&シニア2500円、小人は無料とのことです。
ちびっこ連れの皆さんも、どうぞセイモアへお集まり下さい♪♪

3月14日(水)
光の春、音の春、気温の春です。
穏やかな陽気が続き、柔らかい光と、小鳥の声、雪解け水で増水した川の流れの音、そして暖かくうららかな空気。
今日はそれに加え、香りの春とでも言いましょうか(←そんな言葉はありませんが)春のにおいが感じられる内尾です。
どっさりと残雪があるので、視覚的にはまだまだなのですが、
特別なことがなくてもあっても心浮き立ちます。
強烈な印象を残した冬でしたが、過ぎてしまえばあっというまで、
スキー場の営業日は今日を含めてあと5日。
皆さん、今シーズンの落とし前をつけに是非お越しくださいね。

3月11日(日)
「朝のぴっかり姑の笑い」
みなさん、このことわざご存知ですか?
随分前にこのことわざを新聞のコラムで読んだ時、思わずコーヒー吹き出しそうになりました。納得しすぎてツボにはまって!
意味は大体想像できると思うんですけれど
燦燦と朝日が射して最高のお天気を予想するも(つまり今朝の好天)このような天気の時はお姑さんの笑顔と同じく、変わりやすくあてにしてはならない・・という例えのことわざです。
さっきはあんなに明るくて気持ちのいい朝だったのに、10時過ぎには曇ってきて、おひさまはどこかに隠れてしまいました。
まさにことわざどおり!
ウチの姑さんが笑顔の時は・・大体何かやらかしてそれが私にバレそうになった時(大事な茶碗を割った・私物を捨てた等)か、何かお願い事がある時。
だから、ばあちゃんが機嫌よく笑顔の時は最も要注意なのです。
最近は逆にわかり易くて、それが可愛く感じる時もあるんですけどね。(※嫁姑関係はそれなりに良好です)
スキーシーズン、飼い犬アムロを連れて、第一~第三駐車場あたりを一日何度も歩き回っている可愛いばあちゃんです。よかったらお声をかけてあげて下さい。社交家なので喜びます。
これ書いているうちに、とうとう雨が降ってきました(≧△≦)
朝ぴっかり・・ホントに気をつけよう。

3月10日(土)
昨日昼から、久しぶりに雪がちらちら舞ってきたので、
すこーし積もるかなとも思ったのですが、全く積雪はありませんでした。が、遠くに見える標高の高めの山とセイモアの頂上は雪化粧となって、約1週間ぶりかな?
今朝は美しい遠景を拝むことができました。
例年なら今頃、一時的に寒の戻りがやってきて、再び数十センチの積雪とともに、新雪お目当ての日帰りプレーヤーさんがシーズンの滑りおさめとして結構来て下さるんですが、、今冬は異例なことばかりです。
これまでの充分過ぎる積雪がまだしっかり残っているのですから
贅沢言ってはいけませんかね。
新雪・・ないものはしょうがない。うん。
スキー場の今季営業は来週日曜日3月18日までです。
諸事情で、昨年のような延長特別営業は残念ながらありません。

3月5日(月)
雨です。
昨日日曜日が眩しい晴天だったのは良かったですが、
今日は朝から雨です。
けっこういい降りの雨音も、真冬の冷たい感じの音ではなく
どことなく春に近づいてきている柔らかい音に聞こえます。
気温が高いせいでしょうか。
シーズン終盤に近くなると、強い風が吹いたり雨が降ったり・・そんな日がちょこちょこと週に数日入ってくるのですが、
心地いい季節を迎える前の「春荒れ」ということですわね。
シーズン営業は、あと二週間です。
雪解けがかなり進んだものの、
3月とは思えない完成形の姿のままのセイモアです。

3月2日(金)
3月に入って最初の週末です。
昨日は暴風、大雨・・と言われていた割には、内尾の麓エリアは
それほどヒドイことにはなっていませんでした。
毎年のことですが、春の嵐が到来すると
雪面が汚れてしまうのがちょっとイヤなんですけれど、ゆうべからのほんの少しの積雪によって、薄化粧ながら再び真っ白になりました。
今朝は、リフト運行開始時刻前から、日帰りのお客様が続々と上がって来られています。
週末この先気温が高くなる見込みですが、明日は晴れ。
先週あたりから、喜兵衛のお客さんも、朝ゲレンデにお見送りした時よりもお顔が少し日焼けされて戻って来られます。
UVケアをお忘れなく!

3月1日(木)
本日セイモアスキー場臨時休業です
急激に発達した低気圧による暴風と悪天の恐れがあるとして)
今シーズン6日めの臨時休業です。
平日なのが、せめてもの救いですが、今年はせっかく雪が沢山あるのに休業せざるをえない事態が散発しますねー
今日お出かけ予定だったお客様にはお気の毒ですが、
休養日といたしましょう。

2月27日(火)
月あかりで、明るい夜です。
今週金曜日の満月に向かい、月がかなり大きくなっています。
在所は除雪されたアスファルト部分以外、まだ大部分が積雪に覆われているため、月の光が白い雪に照らされて、夏の夜よりもむしろ明るいです。
月齢が満月のころ、夜に雪が降っても積もらないというのが山の定説。
どうなんでしょう。大雪が続いた冬でしたが、
確かに満月の前後はそれほどでもありませんでした。
先週土曜日だけは雨でしたが、このところずーっとお天気が安定しています。
今日は平日にも関わらず、日中の駐車場には結構な台数の車が停まっていました。
お出かけ下さった皆さま、ありがとうございます。
明後日から3月。
今冬はトップシーズンがめちゃくちゃだったので、
「この日がピーク!」という感覚をまだ感じておりません。
セイモアの地元民であり、地主であり、その山から年中恩恵を受けている私たちにとって、スキー場の繁盛は何よりも重要なことなのです。
まだまだシーズン営業日と膨大な量の積雪は残っていますので、
3月もどうぞ皆さま、セイモアへお運びくださいますようお願いいたします。

2月20日(火)
今日はもう20日。今月は小さい月だから、
3月がすぐそこまで来ている感じがします。
ホワイトシーズンも残りひと月を切りました。
今も内尾では白い塊に埋め尽くされて生活していますので、
ちょっとそんな時期だなんてピンとこないのですが、
今朝は、乾いたアスファルトの上にちらーっと
粉砂糖のような細かな雪が
積もるほどでもなく、もうそれは真冬に降る雪とは質の異なるものでした。
ここ数日でやっと、アクセス、フットワーク共に障害なく
普段のセイモアに戻ってきました。
でも朝晩の気温は氷点下。今週はしばらく雪遊び好適日和が続きそうです。

2月15日(木)
積雪は多いものの、道中の道路状況はかなり改善しました。
今日はあいにく晴れてはいませんが、外が明るいです。
昨日は快晴のお天気だったので、やがて来るはずの次の季節に思いが行ってしまいそうになりました。
日が長くなり、昼光が雪に反射して眩しいです。光の春です。
今週末お越しのお客様は、大寒波に見舞われる可能性は少なそうです。
第三週は例年、お客さんの入り込みが多くない週なのですが、
今月はセイモアが3日も営業できなかったこともあり、
是非たくさんのお客様にご来場いただきたいと願っております。

2月11日(日)
世の中が止まったままで連休の週末を迎えてしまいました。
数十年に一度といわれる大雪の傷跡が深く、未だ幹線道路は渋滞、物流も正常といえるレベルまでには戻っていなくて・・
今さっき切らしたものを求め鶴来までおつかいに出たら、スーパーにはパンが1コも並んでいませんでした。パンを買いに行ったわけではありませんでしたが、手に入らないと思うと食べたかったような気になるのが、やらしいところですね。
 今連休の今日までの予約のお客様が、キャンセルもなく全組ご到着されました。
体調不良等で一部人数変更があったものの、
あれほどの尋常でない交通障害の報道を目の当たりにしても
揺るぎない信念(?)を貫いて、予定通り決行してお越し下さったことに、心からお礼を申し上げたく存じます。
若干名のお客様曰く
「迷ったんですが、真っ先におかみさんの怒る姿が思い浮かび、次から冷たくあしらわれることを想像してしまって
怖くて、何がなんでも行かなくてはと・・」

えええー!!そんなイメージなんですか!? わたくし。
(゚д゚;)

2月7日(水)
午後になっても雪が止む気配がなく、除雪作業をサボっていたら、
玄関の扉すぐまで屋根雪が押し寄せて、泳いでじゃないと外に出られない事態になっていました(><)
今からまた建屋回りの除雪です!
喜兵衛までは普通に車で来られますが、ここから上の内尾の人々が暮らす在所は車が乗り入れられない状態です。
先ほどからSAM白山の支配人さんが、ユンボで出動してきて除雪協力をしてくれています。
明日もセイモアスキー場の営業を見合わせることを決定したそうです。
昨日も今日もお客様の受け入れが出来ない状況ではありましたが、ゲレンデ内の整備、圧雪、除雪作業は一日を通して行われていました。
連休直前には間に合いそうです。


2月7日(水)
昨日に続きまして本日も、セイモアスキー場営業中止です。

内尾の在所の積雪3メートルを超えました。
融雪が追い付かず、喜兵衛の周りも積雪に加え、落下した屋根雪で
一階のガラス窓が一部埋もれているような状態です。
早く、落ち着いてくれることを願うばかりです。


「追伸」
昨日の8号立ち往生に巻き込まれたお客様より、無事帰宅のお電話を頂きました。お疲れさまでした。
今なお脱出できていない他の車の方々、支援の方々もどうかご無事でと願っています。
内尾は正午を過ぎた今も降り続いております。

2月6日(火)
喜兵衛の玄関前の写真が
もはや何が何だかわからなくなっている件。
内尾という豪雪地に住み、毎冬、皆さんのところとは別世界の冬景色を発信することに、
ある意味独善的で変な優越感?のようなものを感じながら過ごしているのですが、
さすがに今回の雪は、情緒的な形容でお伝えするような次元ではありません。
今日は私自身も人力のみの除雪作業に数時間を費やしました。
でも実はそんなことはどうでもいいんです。
今日10時過ぎに帰路に就かれた京都と大阪のお客様が、20時30分現在で
今も福井の国道8号立ち往生1,500台の車列の中にいるとご家族から連絡を頂いたんです。
お客様の都合もおありでしょうが、
なぜ朝「もう一泊した方が安心ですよ」とお声をかけなかったのか、
悔やんで悔やみきれません。
お腹は?トイレは?燃料は?
もっと食料をお渡しすれば良かった、お茶とかお菓子とか・・
いろいろと後悔の念と思いが巡り、今夜は長い夜になりそうです。

2月6日(火)

おはようございます!!
周辺道路の障害のため、本日セイモア臨時休業です。
何卒ご了承下さい。


2月5日(月)
節分を過ぎ、寒中が終わり昨日は立春。
読んで字の通り春が立つということは、昨日から春に向けてスイッチが入ったようなものと解釈しているのですが、
まだまだ冬のど真ん中!
昨日夕方はこの度の全国の積雪量ランキングの第二位(一位は広島県北広島)
「白山河内 90センチ」とニュースで放送されてました。
ここまで来たらなんだか一位でなくて悔しいような・・
気象庁のデータの元となる積雪計は、同じ白山河内地区でも
ここ内尾から10キロ近く下の国道沿いにありますので、
もしかして、もしかしたら、そちらの方がピンポイントで雪雲がかかり多かったのかもしれません。
大雪で喜んでいるのは、新雪大好きのお客様と、
重機LOVEのウチの除雪オペレーターだけかも。
平野部の方も、ふだん雪が降らない地域の方も、
喜兵衛の犬さえ、喜んでないし庭駆け回っていません。
さすがにもう雪は、山だけでいいかな・・・

1月29日(月)
「大丈夫です!まったく問題ありません!!」
この言葉、昨日までの三日間を喜兵衛でお過ごし頂いた
あるお客様が、幾度となくかけて下さった言葉です。
諸事情で、喜兵衛のようなキャパの小さい民宿で、分不相応に宿泊以外も多様な機能を果たさなければならない週末でしたので、
総務担当のその方に
私がいちいち相談やお声がけさせて頂くたびに、笑顔できっぱり返して下さったのが冒頭の言葉でした。
ごく普通の、誰でも使う言葉ですが、すべての小さな不安や迷いが
そのわかり易い一言で全部前向きに肯定される
魔法の一言や~と、妙に心に刺さりました。
それで、昨日からことある度に、真似しんぼになってこの言葉を使っていたんですけれど、中身がない乱発だとなんか軽い・・・
言う人の品格ですかね。
でもせっかくですので、場をわきまえながら、どのような人間関係においても積極的に使いたい素敵な言葉だと思いました。

1月25日(木)
寒い!今朝7時の気温マイナス6℃。たっだ寒い!です。
最近はKY(『空気読めない』ではなく『危険予知』)が徹底して重要視される風潮なので
昨日は暴風雪の恐れがあるとして、セイモアはお休みでした。
本日は再開予定。
きっと、新雪用の板を抱えたスキーヤーやボーダーの皆さんがたくさん来て下さると信じておりますが、
この寒波による大雪、何が心配かって、前回2週間前の寒波の時のように里にまで影響が及んで、お客さんが家から出られない、ここへ辿り着けない、スタッフが出てこれない・・等の予期せぬ事態が心配です。
こちらはこの程度の雪、冬は当たり前なので
朝早くから道路の除雪、駐車場の除雪、お客様をお迎えする準備はいつも通り捗っていますので、国道157号線からセイモアまでの県道のアクセスは心配ないと思いますが、気温が低いため路面凍結の可能性があります。
お越しの際は、安全運転でくれぐれもお気をつけて。。

1月24日(水)
※セイモアスキー場は本日営業中止です

再びの・・寒波到来です。
昨日は降雪の前に強風が吹き荒れ、セイモアへ向かう川沿いの県道は杉の葉や木の枝が散乱していました。
ゲレンデには地元の中学校の体育授業で子供たちもたくさん来ていたのですが、
あまりの暴風に午後2時過ぎに営業中止となってしまいました。
お客様の安全確保のため、昨日のうちに引き続き本日の営業中止の決定がなされました。残念ですが、
明日からの新雪バーンを楽しみにして待ちましょう。

1月15日(月)
先週は、日本海側の広域の大雪で大変な毎日でしたね。
せっせと雪かきに勤しんで、さぞお疲れの皆さまも多いのではないでしょうか。
週末をセイモアで過ごされたお客様はご無事におうちに到着されましたでしょうか。
大雪は、スキー場関連の職業の人や
雪山でのスポーツをする人以外、暖冬慣れした昨今は特に
マイナスなものでしかないのかもしれませんが、
私たちにおいては、雪は絶対必要不可欠の冬の経営資源です。
セイモアがあるからこそ、
あんなに激しく降り続く雪の日でも周辺道路は迅速に除雪されますし、お客さんも来てくださいます。
駐車場の除雪部隊のヘルプをしている主人も、先週はほぼ毎日出動で朝4時から2時間ほど作業をして帰ってきてから機嫌よく家の仕事もしてくれてました。
(重機での除雪作業はめちゃめちゃ面白いんですと)
シーズンインから3週間余り経ちました。
気が早いですが、今回の雪で3月以降の積雪状況もあまり心配しなくてよさそうです。ぜひご計画ご検討ください。


1月13日(土)
本日、シーズンに一度の
白山麓健民スキーデーです。
皆様のお越しお待ちしております。
ゆうべも雪が積もりました。
未明、暗いうちから除雪作業が進められていますが、
喜兵衛のお客様も、セイモア日帰りのお客様も、
道中どうかお気をつけてお越しくださいませ。

1月12日(金)
【重要なお知らせ】
セイモアインフォメーションより
本日営業中止の連絡がありました。
積雪量が多いため、ゲレンデ整備、安全点検等、対策準備にかなりの時間を費やすことになるのかと思われます。
備えあれば憂いなしです。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、明日土曜日は「健民スキーDAY」でもありますので混雑が予想されます。(どなたさまも大人一日券が1000円オフの2500円)
明日皆さまのご来場を、喜兵衛もともにお待ちしております。


1月11日(木)
お正月気分もそろそろ抜けて、ようやく日常に戻った今週ですが、
今年は寒の入り早いんです。暦を見ると1月5日から、つまり先週の金曜日からもう寒に入っていたのですね。
この年末年始は余裕がなくて、そこまで意識がいきませんでした。
それで寒中・・・一昨日から、でこちな(たくさん)雪降りました!!
延べで1m近くは積もった感じです。
今日の午前中には雪が止み、軽い新雪と一面真っ白な景色。
なかなか素敵な好日なのに、ゲレンデが、なぜか空いてるんです。
私は昼前からおつかいに出かけて数件の用事を済ませたのですが、
そこで空いてる理由が解りました。
金沢の山側環状の南側、そして鶴来付近の荒れ方が半端なかった!!
強風と、ホワイトアウトしそうな吹雪!その雪が信号機について赤なのか青なのかわからない交差点があるほど。
こんな日にお出かけしたくないですし、
平野部でこの有り様では、山は想像を絶する悪天候と思われますね。
でもそうじゃなかったのです。
雪は日中ずっと止んでます。こんな日にお客さん来ないなんて…
ああーおとましい(勿体ない)チャンスロスです。

1月7日(日)
皆さんの周りに涙もろい人っていますか?
私は図太いので滅多にそういうことにならないのですが、
ウチの夫、TVみては、よー泣いているんですよ。
ドキュメンタリーを見ては涙。
ドラマを見ては涙。録画してまた。同じの三回見ても・・・涙。
ちょっと前の話ですが年末の有馬記念を二人で見ていた時、
キタサンブラックの優勝決定の瞬間
寒いのでコタツに入って微動だにしなかった私の前にティッシュが一枚飛んできたので
えっ、まさか、もしかして?と彼の方を見たら、目に涙を一杯ためてるんですよ。(馬券も買っていないのに)
私が動かなかったのでてっきり私も感動してうるうるしてるのかと思って、ティッシュをとってくれたのですけど、もちろん必要なかった!
「本当にひとの気持ちのわからん冷たい女や」
と涙目でののしる夫を、指さして笑い転げていた私でしたが、
一昨日の星野仙一氏の突然の訃報には、ちょっと涙ぐんでしまいました。
「ドアラのぬいぐるみ投げつけとったくせに」と言いながら
目の前に箱ごとティッシュが差し出されました。
さすがに夫はもらい泣きさえしていませんでした。
最後は楽天で野球人生を終えられましたが、
闘将・星野監督時代のように強かったドラゴンズをもう一回見たいなあ・・

1月1日(月)
あけましておめでとうございます

旧年中のご愛顧に厚く御礼申し上げます。
喜兵衛はおかげさまで30年。
本年も何卒倍旧のご贔屓を賜りますよう謹んでお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます!!

12月31日(日)
先々週末のオープン以降、絶対にスキー日和と言えないお天気の日を除いて
セイモアスキー場には連日、まずまずたくさんのお客様がお運びくださっています。
地元民としても、関連施設としても、普通に営業できることの有難さが身にしみておりますので、大変喜んでおります。
普通であること、普通にいつも通りで平穏無事であること、
年齢を重ねた今は、何よりそれが一番の吉であると思います。
来る新しい年は、元号も変わることですし
ひとつの節目ということで、清々しい新たな気持ちで迎えたいですね。
皆さま、どうかよきお年をお迎えくださいませ。


12月25日(月)
雨は夜更け過ぎに~雪へと変わるだろう~♪
あ、世の中はクリスマスイブの昨夜から、内尾はひどい雨でした。
夜更け過ぎではなく今日の夕方になって雨の音がしなくなったな・・と思ったら、雪に変わっていました。
皆さま、メリークリスマス!
私事ですが
子どもも大きくなって、一緒には暮らしていないので、ここ数年は
お気に入りのケーキ屋さんに、イチゴと生クリームのワンホールを予約することもなくなりましたけど、
私が若者だった頃はバブルの真っ只中だったからか
密かに、クリスマスは誰かにプレゼントを貰いたいとか、あげたいとかいう感覚が
こんなオバちゃんになっても心の奥底に残っています。
毎年必ずプレゼントする相手と言えば、子どもだけ。
さみしいような、楽なような。
別にクリスマスでなくてもいいんです。盆でもほんこさんでも何かイベントにかこつけて日ごろの感謝の気持ちとか、ちょっとしたメッセージを兼ねて、近い人に気持ちを伝えられたらと思うだけなのです。
ちなみに、昨日は主人からクリスマスプレゼントを貰えました。
「特製・いくらの醤油漬け」(私の1番の大好物。色気より食い気!がっつり!)
忙しいのに、しかも今年は品薄ですごく高いのに奮発して私の為に作ってくれたんだな~と、感謝感激の半面
何か魂胆があるのかもしれないとか考える私は、サイテーな妻でしょうかね。

12月22日(金)
明日はいよいよセイモアスキー場2018シーズンのオープンの日。
そして本日はプレオープンの日。
営業時間は少しだけ短いですけれど(公式サイトご参照ください)
お時間に余裕のある方は、シーズンインの区切りとして、是非足慣らしにお越しください。
そして今日は冬至の日、一年で一番太陽の力が弱まる日で
‘一陽来復’という別名をもっています。
この日を境に陰極まって陽と転じる。
今日を境に、日長はプラスに転じる。
大人になってこの言葉を知ってから、冬至に関係なく常に思い出してます。
光と影、昼と夜、表と裏、成功と失敗、ピンチとチャンス
相反する意味の対義語に置き換えて、両方を考えながら動いています。
陰を受け入れないと陽も来ない。結局何事もイイトコどりって、なかなか、ないんですよね。
今頃は雪乞いに明け暮れた昨年を経てこそ、今シーズン無事にスタートできる今日が来たことを心から有難く思います。

12月19日(火)
昨日のことですが、大失敗をしてしまいました。
私は、超!時代について行っていないアナログ人間で、
某有名無料通話アプリの使い方もよくわからないのですが、大学生の息子と連絡をとる為だけに、数年前から利用しております。
この先もその方針には変わりなかったのですが、
昨日どうしてもどうしても、
連絡網に追加の設定が必要になり
そういう設定等が苦手な私は、第三者の方に携帯を預けたところ、不本意な操作ミスにより、私の携帯に登録されている多くの連絡先の方に勝手に友だち登録の連絡が届いてしまいました。
すぐに設定を戻してもらうも、既に遅し。アカウント削除しても時間は元に戻せない!
登録してある電話番号には、友人だけではなくお客様、かつての上司、取引先の方、ママ友等
ごめんなさいで済まないお相手がたくさん入っているため、もうどうしていいかわからない事態になってしまいました。
私からそのような連絡が届いてしまった皆さま。
お騒がせいたしましたこと、この場を借りてお詫び申し上げます。
一番悪いのは、第三者の人に設定をお願いした私本人です。
本当に申し訳ありません。
私のような者は、ずっとガラケーで良かったんですよね・・・猛省しております。

12月18日(月)
金沢の積雪30センチ!というニュースを昨日みてびっくり。
「例年の9倍」という数字もリアルなのでしょうがピンと来ず。
近年の暖冬慣れで、市内はけっこう混乱しているかもしれませんね。
今日はこれから、この時期毎年行われているスキー場の
「安全祈願祭」が
厳かに執り行われます予定ですので、ちょっとお隣さん行ってきます。
玉ぐしを捧げ、かしこみかしこみもまおうす・・・ってアレです。
セイモアの上のほうは、既に積雪2mという噂。
連日、念入りな圧雪作業も続いています。
いよいよ、今週末予定通りのオープンができる可能性が限りなく高確率となってきました。

12月12日(火)
セイモアの2018シーズンのスタートまで、約10日となりました。
順調に降雪を重ね、満を持してその日を迎えたいところです。
先日、スキー場の責任者のみなさんとの打ち合わせの際に
うかがったお話では、先週の雪の時点で山頂付近は無圧雪で110センチ、センターロッジは50センチ、山麓はまだ不十分・・・といった積雪状況で、そのあと気温が上がったので、日曜日にはもう少し減ってしまったということでした。
そして昨日からの降雪では、きっと一気に積雪量が増えたと思います。
12月に積もるこの雪は、寿命の長い根雪となる大切な雪です。
喜兵衛のあるふもとエリアの今朝の積雪は30センチ弱。
明日までもこの調子で、とにかくチャンスの時に少しでも積雪が確保できたら良いのですが、
関係者一同、昨年一昨年のオープン延期期間の長くて悩ましい時間を思い出しては、ついつい不安を拭いきれません。
ただ、昨年、一昨年の同時期とは明らかに雰囲気が違いますよ。
この時期としては、まずまず順調に冬が進んでいます。
一面の冬景色。お越しの際、冬用タイヤは絶対です。
ふもとエリアの積雪状況につきましては、またこちらでもお知らせさせて頂きます。

12月6日(水)
雪降ってます~!!断続的に降り続いてます。
今朝の積雪、内尾の在所で15センチくらい。
いよいよ本当に冬がやってきました。
うちのお隣さん=セイモアのインフォメーションセンターに
スタッフの方々が詰めてらっしゃるんですけど、
朝から聞こえる除雪車の作業音、リフトの運転音。シーズンに向けての準備が着々と進んでいる気配を感じながら、
私は掃除と洗濯と・・家事に追われております。

12月5日(火)
師走の声を聞いて早や5日め。
朝から白いものが混じるも、15時現在、まだ道路までは積もっていない状況です。
ゆうべから時々雷が鳴るので、うちの飼い犬「アムロ」(柴系雑種♂8歳)が小屋から顔だけ出して雷に向かって吠えまくっています。いったいどういう心境で吠えてるんでしょう。
アムロは男の子。だけどとても臆病な子なので、怖いからとりあえず吠えて気を紛らわしているのかなと私の解釈。
最近、人間も女性よりも男性の方が精神的に弱っちいな・・と感じることがよくあります(失礼!)私の周りだけかもしれませんが。
 ところで・・・・来る12月9日は「山祭り」の日。白山麓では、
林業や大工さん製材業の人たち、山に関係する職業の人たちはこの日仕事をお休みして、山の神様を奉り、ちょっとした宴会をしたりする日です。
近年は簡素化、虚礼廃止(?)の動きが進み、12月9日でも山仕事はふつうに行われることが多いですが、私達も山に関係する職業ですので、内尾の宿泊部会ではいまも毎年身内だけでささやかな宴(兼忘年会)をこの日前後に開いて、山の神様に感謝を捧げております。
山の神様は女性ですからね。イベントを大事にしないと、きっと失礼に当たります。
白山さんの神様である菊理ひめの神も女性ですね。

11月28日(火)
昨日今日、ひっさしぶりに晴れたので、外仕事がもう一杯すぎでした。
それで、近くにはいるけど屋内にいない状態になるので
電話を携帯に転送していたのですが、泥んこで持ち歩くのは危険だし、置きっぱなしにして昼過ぎに家に入ったら着信履歴が何件も残っていました。
お電話下さったお客様、皆様、申し訳ありませんです。
折り返しさせて頂いたお客様には
「どーせ山でも行っとってんろ?」と言われましたが、
今年は本当に貴重な晴れの日、山間部だからただでさえ日も短いし
それより庭や畑の冬支度に追われています。
今年はもしかして雪が積もるのが早いかもしれない・・と期待も半分。
暗くなるころには、電話を受けられますので、よろしければその時間帯にお電話を下さいませ。

11月24日(金)
今朝は雪ではなかったけれど、喜兵衛の前まで地面が白くなっていました。
今年は本当に晴れの日が少ない!
8月もそう、10月もそう、11月だってほとんど雨ばかり。
こんな年って今まで記憶にないです。
昨夜からみぞれが降ってアラレが降って、気温は低いし
冬支度、いろいろしないといけないのに、ちっとも捗りません。
おもしくなーいです。
コーヒーの入ったマグカップで指先を温めながら、結露したガラス越しの冬景色に朝からため息ばっかりついている私です。
で、こうしている間にとうとう雪が降ってきました。
みなさま、お風邪などお召しになりませぬよう・・。

11月18日(土)
みなさま、ご無沙汰して申し訳ありません。
お元気でお過ごしでしたか?
喜兵衛は通年営業でありながら、
ウィンターシーズンがオフの時は、私は「やまんば」として暮らしておりますゆえか
PCに向かったり、本を読んだり・・なんて殆どそんなことが出来ません。
もともとアナログ人間だからというのもあるけれど、
何でしょうね、野生に還ってしまうのか、頭で考えることが一切苦手になってしまうのですよ。それでも内尾の奥山に初雪が積もる今頃になると、やまんばの仕事はだんだん無くなってきて
再び現代人らしい生活に戻るというのが一年のサイクルとなっています。
 内尾は数日前からの冬型お天気で、セイモアの上半分は真っ白になりました。
ふもとから見る限りではよくわからなかったのですが、
今朝主人が、頂上近くで二週間前に切り出したブナの木(きのこの栽培用)を撤収に行こうとしたら、ラプソディの下辺りから10センチ以上の雪が積もっていてそれ以上は進めず諦めて戻ってきました。
この先のお天気にもよりますが、2ペア降車場付近の頂上はこのまま根雪になる可能性ありです。
今シーズンこそ、セイモアの予定通りの営業ができることを期待しています。
セイモアの2018シーズンオープン予定日は12月23日(土)です。
早くみなさまにお会いしたいです。