7月17日(水)
今年初のゴリ捕り!
もう少し真夏日が続いたら、
もう少し川の水量が少なくなったら、
この梅雨が明けたら・・と、
来る日も来る日も恋しい川辺。
天気予報は明日から再びずっと雨なので、こうなったら
今日のワンチャンを無駄にするわけにいかない!
好適日和でなくとも、もう待ちきれない!!
とばかりに今年初めて川に入りました。
遊んでいるのではありませんよ。
今週末は、直海谷出身のお客様がいらっしゃるので、ふるさとの
思い出の味、昔見慣れた姿かたちのゴリのお料理を一品お出ししたかったのです。目標は15匹だったけど、数えたら8匹。唐揚げは数が足りないので諦めて、お好きな、骨酒三杯ぶんです。
内尾のゴリ捕り名人の称号をほしいままにしている(すみません嘘です)私ですが、曇天だとゴリが姿を現してくれないのと、腰まで浸かって川の水が冷たすぎて、30分弱でギブでした。
でも気分はプール開きの日の昭和の小3男児みたいでした。
お客様が喜んで下さるなら、とにかく嬉しいです。


7月14日(日)
忙中閑あり・・の三連休中日です。
明日は「海の日」だというに、この梅雨寒。
この6月7月のように天候不順が続いて、
「今年はもしかしたら、梅雨明け宣言出来ないパターンかも」とか
「冷夏で、作柄がよくないかもしれない」とか
まだ完全に結果が出ていないものに、マイナスイメージな情報が溢れるのって、人の不安につけ入って無責任に煽るようで悪意を感じる・・とまでは言いませんが、私はちょっと気に入らないんですよ。
もちろんマーケティングを左右する重要関心事であることに間違いないですけれど、
日照不足と長雨で、在所のじいちゃんやばあちゃんが丹精して作っていたジャガイモが次々病気になり収穫が望めなくなり、
私が数年育てていた100本以上のオリエンタルユリ(カサブランカ等ね)も開花目前で殆ど立ち枯れしました。そんな既成事実もあって
みんな、ちょっとおかしいな?と感じながらも
お天気のことは、どうすることもできないのですから。

今日の雨上がり、内尾ではヒグラシ(セミ)の初鳴きを聞きました。
自然界では、時季相応に、真夏の始まりに相当する営みが
予定通り進捗しているようです。
一日も早い梅雨明けが待たれますね。


7月10日(水)
アムロ、夏のスタイル。
喜兵衛にいつもお越しいただいているわんこ好きの方には、
おやつを頂いたり
お散歩に連れて行って頂いたり、
一度はお目にかかっているウチのアムロ(♂10歳・柴系雑種)
この子は毛がちょっと長めで、しっぽまでフサフサの毛量。
冬はいいけど夏は暑がって、バテてしまうので
何年か前から、夏は涼しく短毛にカットしてイメチェンしています。
最初の頃はトキオさんがバリカンで刈っていたけど、不揃いで不格好なので
今は毎年プロのトリマーさんのサロン?で施術を受けています。
身体が一回り小さく見えるけど、体型は変わっていませんよ。
どうですか?クールでしょ。似合うかな?



7月8日(月)
先週の7月4日は、じいちゃん(舅)の24回目の命日でした。
私の主人は、上の兄弟とぐっと離れた末っ子で、義父40代半ばの時に産まれた子、その親だからじいちゃんではく、お父さんだけど
見た目といい、大正生まれの考え方といい、
じいちゃんと言う方が相応しかったのです。
村の年配者はじいちゃんのことを
「森の石松」と例えて言う。
・・石松と言われても・・ガッツ?としか出てこないので
調べてみたら、幕末、清水次郎長の子分で
「呑兵衛で、けんかっ早くて、馬鹿。・・だけど憎めない」
という人物像らしいです。
あ、言ってもいいかな? 最初の三つ当てはまってる。
しかも酒癖が悪い!結婚して私が内尾に来たばかりの頃は
在所のよそ様のじいちゃんと酒を飲んで、しょっちゅうケンカをしては絶交して、
次の日また一緒に昼酒を飲んでいたような。
そしてまた違うじいちゃんとケンカして・・絶交だと言って
次の日一緒に・・そして酩酊状態で酒をもっとよこせと。
主人が怒って、家にある日本酒、売り物も含め全部捨てたこともあった位で、まあ、激しかったです。
そのカオスぶりに、私も絶句。
多様性が尊重される現代だけど、今ならモラハラ確定でしょ
もう四半世紀前の事、生きた時代が違う、そして山奥の行き止まりの在所、独特の文化とコミュニュティのまま
お年を召されたのでしょうね。義父の葬儀の折は、絶交お仲間みな
人目もはばからず嘆き悲しんでおられました。
その当事者も今はみな故人。
私もあの頃は戸惑いと嫌悪の日々でしたが、ひと歳回った今は昔の話として笑って人様に話せるようになりました。
そんな内尾の石松に今日は、庭の花とそのへんの野草で花束を作りました。出来は供花らしくないけど・・いいよね家族だから。


7月1日(月)
一年の折り返し、今日は後半初日ですね。
待ち遠しい梅雨明けまでは、まだもう少しかかりそうかなぁ~?
もうすぐ本格的な夏。今は半分夏。
今頃の暦を「半夏(ハンゲ)」というそうですが、
半分夏という意味かと思えば
その由来は「半夏」という植物がが生える頃という説が多く、
半夏生とも言われます。(半夏生という別種の草も庭に植えていますが、話がややこしくなるので別の機会に)
これが私の畑に生えている前述の半夏。(足元の葉っぱはジニア)
在所の耕作放棄地の一区画を自分専用の趣味のお花畑にしておりまして、そこを耕運機で耕す度、一週間もしないうちに
我先に生えてくるたくましい雑草です。
草姿は玄人好みというか渋い趣で、嫌いではないですが
とにかく繁殖力が半端ない!!
チョコボールくらいの大きさの白い球根が散らばり、
引き抜いてもむしっても、
かえって大喜びで増殖中です。
夏草の勢いって、本当に感心するぐらい凄い。例えるなら猛者。
そんな生命力にあやかって、今夏も元気に過ごしたいです。
よく食べ、よく飲んで、よく動き・・ってことで!
暑さ本番に向かいます折
皆さまもどうかご自愛のほどお祈り申し上げます。